主に海に生息するクラゲ。
18日、松江市の川で大量発生しました。いったいなぜなのか、調べてみると意外な理由がわかりました。

FNNビデオポストに投稿された動画。水面に浮かぶのはクラゲです。
撮影されたのは、海ではなく松江市内の中心部を流れる川です。

福村翔平記者:
「大橋川からクラゲが次々と流れていきます。まるでウォータースライダーです」

川の流れに身を任せ流れていくクラゲ。不思議な光景です。
主に海に生息するクラゲがなぜ川に?クラゲの生態に詳しい専門家に聞いてみると。

ゴビウス 佐藤充さん:
「おそらくミズクラゲだとみられます。満潮によって、川にミズクラゲが遡上し、上がってきちゃったので、川でミズクラゲが見られたっていうことだと思います」

日本海の海水が混じる汽水湖の中海と宍道湖を繋ぐ大橋川。
潮の満ち引きによって、中海から大橋川にむかって水が流入することで、クラゲが流れに乗ってきたのでは、と推測します。

ゴビウス 佐藤充さん:
「今の時期、ミズクラゲはすごく大きくなる時期なんですよ。あれだけの数が出てても、おかしくはないかなと思います」

また、今年ならではの理由を指摘する専門家も。

島根大学エスチュアリー研究センター 瀬戸浩二准教授:
「最近全然雨が降っていないので、中海から塩分の濃い、クラゲがいるような水の塊が遡上することがあるようです。そういったものがたまたま用水路まで入っていって、そこでクラゲが見られたんじゃないかなと思います」

瀬戸教授が理由のひとつとして挙げたのが、梅雨入りの遅れです。
雨の量が少なく、山から宍道湖に流れ込む水が減ることで、中海からの水が増え、その流れにクラゲが乗った可能性があるとみています。

偶然が重なって川に現れたクラゲ。
一見、幻想的にも見えますが、注意が必要です。

ゴビウス 佐藤充さん:
「毒性は弱いんですけども、毒は一応持ってるんで、見かけても見るだけにしておいていただければ。そうすれば、すごく楽しめると思います」

TSKさんいん中央テレビ
TSKさんいん中央テレビ

鳥取・島根の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。