タクシーが歩道に突っ込み、運転手が死亡し、9歳の女の子が重体となっている事故で、運転手が事故より前に意識を失っていた可能性があることが分かった。

この記事の画像(4枚)

この事故は17日、大阪市淀川区の交差点で、タクシーが歩道のガードレールなどに衝突したもの。

運転手の有馬俊一さん(68)が死亡したほか、ガードレールの破片が当たったフィリピン国籍の9歳の女の子が意識不明の重体。その父親(30)が顔を複数箇所、骨折した。

その後の取材で、警察は有馬さんが運転中に意識を失った可能性があるとみていることが新たに分かった。

有馬さんの死因は、全身打撲による多発性外傷だった。

関西テレビ
関西テレビ

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。