18日朝、勝負カラーの緑のスカーフを身に着けて会見に臨んだ小池東京都知事(71)。

小池都知事:
「もっと! よくなる! 東京大改革3.0」を掲げ、東京都知事選挙に出馬します

この4時間後、トレードマークの真っ白なスーツ姿で会見を開いた蓮舫参議院議員(56)。

蓮舫参院議員:
「あなたと次の東京へ。」私は都知事になって、7つの約束を実現していきたい。私は本物の東京大改革を行います

7月7日の首都決戦に向けて、注目の2人が同じ日に公約を発表した。

出生率が初めて1を割り、0.99となった東京。

2人がともに公約の柱の1つに挙げたのは、少子化対策。

小池都知事:
子育て・教育にお金がかからない東京を目指します。出産時の支援としては「無痛分娩費用に対する助成制度」を新たに創設してまいります

蓮舫参院議員:
どんな境遇にいる若者でも、学べる・働ける・結婚できる・子どもを持てる、そんな人生の選択肢がある東京都にしたいと思っています

小池都知事:
高校の授業料の実質無償化、公立学校の給食費の負担軽減など、チルドレンファーストの支援策を進めてまいりました

蓮舫参院議員:
結婚を選べない経済環境にある若者が増えています。これは都が婚活アプリを行うレベルで解決できる問題ではありません。私が変えます

さらに、少子化対策として現役世代への経済支援策も打ち出した。

小池都知事:
子育て世帯への家賃の負担の軽減、新たな東京版大学給付金の制度、こちらも創設といった経済的な負担の軽減策も講じてまいります

蓮舫参院議員:
若者の手取りを増やす。徹底した若者支援を行う。望んでいるのに、正規の雇用形態に転換できない若者がいるとしたら、私は徹底的に支援したい

2人とも若い世代に向けた政策を訴えた。

さらに、2人は独自の公約も。

小池都知事:
無電柱化の取り組みをさらに強力に進めていく。あらゆる危険災害に備える、それが首都防衛です。首都防衛こそ必要です

蓮舫参院議員:
現知事は、政治資金パーティー、4000万円前後のものを行ってきた。私は政治資金パーティーを一切行いません

記者は入れずに、オンラインで会見をした小池知事。
記者から質問が相次いだが、意外な展開に。

―― Q.当選した場合、次の4年で増税は?

小池都知事:
宿泊税、もう常に取っているが、その税率をどうするのか。増税ということは、いま頭にはこれ以外にはない

フリージャーナリストなど、4人の記者からの質問に答えると、公務を理由に40分ほどで会見を終わらせた。

一方の蓮舫氏は、記者から小池都知事のメディア対応について、自身ならどう対応するかを問われると、「私はできるだけ多くのメディアのみなさんの声を聞きたい」と答えた。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

社会部
社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。

政治部
政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党、公明党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。