大阪府松原市のゴルフ練習場でバケツが爆発し従業員がケガをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された男が「25年ほど前に会社を潰された恨みがあった」と供述していることが分かりました。

この記事の画像(9枚)

会社員の岡本勝年(おかもと・かつとし 65)容疑者は今月6日、松原市の「阿湯戸(あゆと)ゴルフセンター」にガソリン入りのバケツを置き、不特定多数の人物を殺害しようとした疑いがもたれています。

警察によるとバケツには噴霧器などが取り付けられ、何らかの仕組みで爆発するようになっていて、バケツを動かした際に爆発し従業員の男性(41)が腕に軽いヤケドをしました。

バケツには「社長へ」と書かれた紙が貼られていて岡本容疑者は「25年ほど前、経営していた会社を潰された恨みがあった」と供述しているということです。

また「不特定多数ではなく、ゴルフセンターの経営者を狙った」などと容疑を一部否認しています。

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(9枚)
関西テレビ
関西テレビ

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。