千葉・印西市で、突然車道に男の子が飛び出してきた一部始終をドライブレコーダーがとらえていた。
間一髪の急ブレーキで衝突を免れた男性が当時の状況を語った。

脇道からサッカーボールを追いかけた小学生が車道を横切る

あわてて急ブレーキをかけて車を止めた50代の男性は、当時の状況をこう説明した。

運転していた男性(50代):
家のそばの走り慣れている道をですね、ガソリンスタンドに行く途中だったんです。
脇道から突然、サッカーボールと男の子が車道に飛び出してきたんです。

ボールだけを見て追いかけて車道に出てきた
ボールだけを見て追いかけて車道に出てきた
この記事の画像(56枚)

車を確認する様子はまったくなく、ボールだけまっすぐ見て追いかけて、車道に出てきたと。
本当にびっくりするし、ヒヤッとしましたね。

急ブレーキをかけた車の前を横切って元の場所へ

現場は、千葉・印西市の住宅街。
6月8日午後5時半ごろ、男性がガソリンスタンドに向かっていると、小学校低学年ぐらいの男の子がボールを追いかけて道路を横切ってきたという。

急ブレーキで停車した車の前を横切って元にいた場所に戻る姿も
急ブレーキで停車した車の前を横切って元にいた場所に戻る姿も

急ブレーキをかけ、間一髪衝突を免れたあと、男の子がボールを抱え車の前を横切り、元いた場所に戻っていく姿もとらえられていた。

運転していた男性(50代):
左側を見ると、男の子と友達が2人でいたみたいで、私に「ごめんなさい、ごめんなさい」ってボールを抱えながらですね。結構謝ってましたけどね。

男の子が走ってきたのは住宅が建ち並んでいる場所(Googleストリートビュー)
男の子が走ってきたのは住宅が建ち並んでいる場所(Googleストリートビュー)

男の子が走ってきたのは、住宅が立ち並んでいる場所で、サッカーボールを蹴って遊んでいたという。

子どもを交通事故から守るためには、保護者側の指導はもちろん、運転する側の意識も大切だ。

運転していた男性(50代):
今後はやっぱり、自分の家のそばで走り慣れている道だけど、あらためて左右を確認しながら走ら なきゃいけないなって本当に肝に銘じましたね。
(「イット!」6月17日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(56枚)