岐阜市にある陸上自衛隊の射撃場で、隊員3人が死傷した銃撃事件から6月14日で1年です。射撃場の前には、元同僚らが献花に訪れました。

 2023年6月14日、岐阜市の陸上自衛隊「日野基本射撃場」で起きた事件では、訓練中に自衛官候補生だった渡辺直杜被告(当時18)が自動小銃を発砲し、隊員の菊松安親さん(当時52)と八代航佑さん(当時25)が死亡、男性隊員1人が大ケガをしました。

 事件から1年となる14日、射撃場には、菊松さんと八代さんの同僚だった元自衛官などが訪れ、花を手向けて手を合わせていました。

亡くなった2人の元同僚:
「自衛隊に関わった人はみんな、嫌いな人は1人もいないんじゃないかというくらい、2人とも優しい方だった。長い間、勤務お疲れ様でしたと。こういうことが二度と起こらないでほしい」

 陸上自衛隊守山駐屯地では、午後3時から追悼式が開かれ、遺族や自衛隊の幹部らが参列しました。

 陸上自衛隊・第10師団長の酒井秀典陸将は「武器の使用を許可されている組織として絶対にあってはならないことで、服務教育、安全管理はもとより、自衛官としてあるべき姿について徹底を図っていく」とコメントしています。

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。