天達武史気象予報士 小塚恵理子気象予報士

【 30日静岡の最高気温 】 
静岡市内の朝は晴れていて、昼前から少し雲が広がり出しました。いま厚い雲が広がり始めています。弱い雨が降り始めているところも出ているようで、この後は天気は下り坂に向かっていきそうです。日中の気温は26.7℃と夏日が続いています。30日は晴れていた午前中の方が暑く感じました。

【 ごみゼロの日 】
環境に配慮した活動はリサイクルや環境教育などが行われていて、30日朝、テレビ静岡が系列局と行った一斉清掃には 約60人が集まりました。参加者は手分けして周辺の道路や線路沿いなどを見て回り、お菓子の袋や空き缶、ペットボトルなどごみを見つけては拾い集めていきます。30日朝はよく晴れて日差しが照り付ける中での活動となり、参加者は地域を回りながら心地よい汗をかいていました。

【 台風進路予想 】
台風が少し陸地に近づいています。ただ、29日と比べると暴風域が無くなっているので、台風としては勢力は弱まってきています。台風1号の特徴は中心が円の真ん中ではないことです。左側に寄っていてその範囲の強風域が狭いということを示しています。31日朝には伊豆諸島付近を通過しますが、強風域が狭まっているので、風よりは雨に注意が必要な台風ということが言えます。

【 雨と風の予想 】 
30日午後6時以降の動きになります。少し雨が降り出していますが、この後、時間とともに雨脚が強まってきそうです。午後10時くらいには少し大きめの傘があった方がよさそうです。さらに夜中に雨が強まって、明け方から朝にかけて通勤の時間帯に一番雨が降りそうです。静岡県内も伊豆半島付近に活発な雨雲がかかっていますが、風に関しては内陸はそれほど強くはないです。石廊崎や、伊豆半島付近の沿岸で強く吹きます。雨に関しては午後になると止んできて晴れ間が見えるかもしれませんが、抜けた後、前線の影響が少し残り、スッキリとはいかずに夜になっても所々静岡県内は雨が残ります。31日は一旦雨が上がった後も、折り畳みの傘など雨具があった方がよさそうです。

【 31日の天気 】 
午前中は台風に近い所で雨が降るので、浜松では午前9時くらいまで、その他の地域も昼くらいまで台風にかかる雨の予想です。ザーザーと強まる時間もありそうです。午後になると台風に近い雨雲は抜けていきますが、その後もスッキリ回復はせず、所々雨が降る場所が出てきそうです。風は伊豆では強く、網代で6m/sが予想されています。東風になるので空気はひんやり感じるかもしれません。

【 天達気象予報士の梅雨解説 】 
梅雨入りはまだの予想です。来週はくもりや雨ばかりですが、梅雨の主役である梅雨前線は南の方に押し下げられています。来週の雨は上空の寒冷渦が要因で、寒冷渦が来ると夏のゲリラ豪雨のような雷を伴うような局地的な雨になります。天然のクーラーといわれるオホーツク海高気圧が強まって前線を押し下げているので、来週は気温が低くなり、朝晩はヒンヤリする日があります。梅雨前線が押し上げられて梅雨入りするのは6月中旬くらいの予想です。静岡県内にも梅雨前線が停滞するようになります。梅雨明けは平年並みくらいになりそうで、今年の梅雨は6月中旬に入って7月中旬くらいには明ける短期集中型の梅雨です。加えて蒸し暑く雨量も多くなりそうです。すぐ夏の高気圧が張り出しているので、気温は6月中旬以降は高くなりそうです。短期集中型の雨には注意が必要です。

テレビ静岡
テレビ静岡

静岡の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。