津山市によりますと5月30日午前10時ごろ、津山市勝北支所管内の奥津川で、イノシシとシカ用のわなにツキノワグマがかかっているのを、市の鳥獣被害対策実施隊員が見つけたということです。

見つかった場所は標高530mにある津山市の公園、ウッドパーク声ヶ乢(こえがたわ)の近くで、岡山県や津山市、警察が現地を確認し、県の第6期第二種特定鳥獣(ツキノワグマ)管理計画に基づき、このツキノワグマを放獣することになり、麻酔銃で不動化作業を行ったということです。

ツキノワグマは体長1メートル45センチ、体重85キロ、オスで推定10歳以上ということです。津山市では30日夕方から勝北支所管内の防災行政無線で山林に入る場合は十分注意するよう住民などに呼びかけています。

岡山県内で2024年にツキノワグマが捕獲されたのは4件目です。

岡山放送
岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。