JR東日本は30日午後0時30分、モバイルSuicaのアプリでのチャージや定期券・グリーン券の購入等がしづらい状況が発生していると発表した。

急ぎの場合は券売機等での現金によるチャージを利用するよう促し、「ご不便をおかけして大変申し訳ございません」と謝罪している。

モバイルSuicaを巡っては、5月10日にもチャージや「えきねっと」などが利用しづらくなる障害が発生しており、復旧まで約5時間かかった。この障害について、JR東日本は「サイバー攻撃により、多数の通常と異なるアクセスを受け続けた」として警察に相談していた。

(午後1時40分追記)
JR東日本は午後1時20分現在もチャージや購入しずらい状況が続いているとしている。モバイルSuicaシステムの不具合は確認されていないが、他社決済システムでの不具合の可能性も含めて確認しいるという。

(午後2時20分追記)

JR東日本は午後2時、「モバイルSuicaで利用している他社システムでのエラーが復旧したため徐々に解消しております」と発表した。

プライムオンライン編集部
プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。