水道管工事の合間に車道を覆い、路面を一時的につくる「覆工板」がずり落ち、最大約30センチの段差となりました。一部を通行止めとし、原因を調べることにしています。

 現場は札幌市中央区南1条東6丁目にある4車線の市道。5月29日午後9時ごろ、「道路が下がっている」などと警察に通報がありました。


 札幌市水道局によりますと、4車線中2車線で水道管の工事を進めていました。

 覆工板の大きさは1枚あたり幅1メートル、長さ4メートルとみられ、道路中央部の数枚がずり落ちました。30センチの段差が生じました。

 覆工板は鉄などでできています。工事していない時間帯に車が通れる状態で、段差で事故が起きる恐れがありました。


 警察によりますと、事故の情報は寄せられていないといいます。

 札幌市水道局は午後11時以降、鋼板がずり落ちている2車線を通行止めにするとともに、翌30日に詳しい原因などを調査するとしています。

北海道文化放送
北海道文化放送

北海道の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。