京都大学などは世界で初めて木造の人工衛星を完成させ、2024年9月に宇宙に打ち上げる予定だと発表した。

宇宙飛行士で京都大学の土井隆雄教授と住友林業は、2020年から木材を宇宙環境にさらす実験などを行い、木造人工衛星の開発を進めてきた。

土井教授によると、従来の人工衛星はアルミ製で、大気圏で燃え尽きる時に小さな粒子を放出し、異常気象などを引き起こすおそれがあるという。

土井教授らが世界で初めて完成させた木造の人工衛星は、大気圏で完全に燃え尽きるため、環境に優しいという。

京都大学・土井隆雄特定教授「地球のカーボンフリーを宇宙にも広げていく。金属ではない衛星が主流になるべきだと考える。将来的には月や火星に宇宙ステーションを木で作りたい」

この木造人工衛星は、2024年9月に宇宙に打ち上げられ、11月から運用される予定。

関西テレビ
関西テレビ

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。