ドライブレコーダーが、高齢ドライバーが逆走を始める瞬間をとらえていた。

27日午後3時前、雨が降る、岐阜市内の片側2車線の道路を走行中のことだった。

側道から本線に合流した、青い軽自動車が突然、逆走してきた。

目撃者「突然こちらに向かって走ってきたんで、何が起きたんだろうって。まさかあそこで曲がってくるなんて、想像もできなかったんで、本当ビックリしました」

逆走があったのは、長良川に架かる鵜飼い(うかい)大橋で、普段から交通量の多い場所。

リアカメラの映像を見ると、逆走車に気づいたトラックが正面衝突を回避するため、あわてて車線変更。

逆走車は、スピードを落とすことなく、走り去っていった。

目撃者によると、逆走車を運転していたのは、高齢の女性だったという。

目撃者「相手のドライバーなんですけど、ちらっと見えたんです。たぶん70代の女性だと思います。あそこでUターンして、こっちに来るっていうことは、普通の状態では考えられないですね」

雨が降ってはいたものの、現場は見通しの良い直線道路のため、道を間違えることは考えられないと話した。

交通事故などにくわしい専門家は、こう分析する。

交通事故鑑定人・中島博史さん「逆走が始まる瞬間をとらえた動画というのは、かなり珍しいものです。雨の時の運転は、注意力をかなり必要としますので、そのために注意が一点に向かいやすいという傾向はあります。そのままの(進行)方向で、合流しなくてはならないということを、失念してしまった可能性があります」

雨の日の運転は、視界が悪くなるばかりでなく、ブレーキも利きづらくなるため、より注意が必要。