東海3県では28日夜にかけ大雨となる見込みで、愛知県と岐阜県では線状降水帯が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる恐れがあり、注意・警戒が必要です。

 気象台によりますと、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、東海3県では今夜にかけ雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、警報級の大雨となるところがある見込みです。

 愛知県と岐阜県では線状降水帯が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる恐れがあり、午前11時半現在、岐阜県高山市に洪水警報が出ています。

 1時間あたりの降水量は、愛知・岐阜・三重のいずれも多いところで50ミリと予想されていて、29日正午までの24時間に予想される降水量は、愛知で200ミリ、岐阜で150ミリ、三重で120ミリとなっています。

 気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒するよう呼びかけています。

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。