気象庁は、鹿児島県と宮崎県に豪雨災害などをもたらす線状降水帯の予測情報を発表した。

大雨の予想にともない、28日から開始する予定だった都道府県ごとの予測を1日前倒したもの。

気象庁によると、鹿児島県と宮崎県では、27日夜から28日の午前中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害の危険性が急激に高まる可能性があるとして、警戒を呼びかけている。

気象庁は、線状降水帯を都道府県ごとに半日程度前に予測する新たな運用を、当初、28日に開始する予定だったが、九州などで大雨が予想されていることから、1日早め、27日から運用を始めた。

27日夜から29日にかけて、各地で大雨の予想となっていて、線状降水帯の発表についても、1日前倒しの運用となった。

フジテレビ・川原浩揮気象予報士が解説する。

気象庁が異例ともいえる前倒しの運用を始めたので、それで警戒を呼びかけたい、危険な大雨の予報が出ている状況。

27日午後6時の予想のレーダーでは、九州南部は活発な雨雲がずっと流れ込み続けている状況が続いていて、このあたりは雨の多いエリアではあるが、28日夜まで、1カ月分の雨量がさらに降る予想になっている。土砂災害や低地の浸水などが非常に心配されるので、夜暗くなる前に安全な場所の確保が必要となる。

このあとも、線状の活発な雨雲が九州南部に止まっているような形になり、28日朝の通勤の時間帯、交通への影響が心配される。

そのあと、線状のまま東に移動する。
冠水が心配される1時間に50mmといった雨が予想される場所もあるため、十分な警戒が必要となる。

関東には、28日夜にこの雨雲が届く見込みで、1時間に50mmの雨が多いところでは降る予想で、2024年1番の大雨となる見込みになっている。

さらに沿岸部では、風速30メートルの風が吹く予想も出ていて、28日夜は交通機関への影響が心配される。

そして静岡県が、日中かなり活発な雨雲がかかる予想になっていて、1時間60mmの雨が降る予想になっていて、東海道新幹線の運行にも影響が出るおそれがある。

台風から活発な湿った空気が入ってきて、この雨になっているが、台風本体はまだフィリピンの東側にいる。

このあと、発達しながら、29日には瞬間で55メートルぐらいの風を吹かしながら大東地方に接近し、31日に関東が予報円にかかるようになっていて、予報が更新されるたびに関東寄りのルートになってきている。

最新の情報に、十分な警戒が必要となる。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

社会部
社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。