中国・韓国との3カ国首脳会談に出席する岸田首相は26日午前、ソウルに向けて出発した。

同行するフジテレビ政治部・門脇功樹記者が報告する。

約4年半ぶりの会談を前に、岸田首相は自民党議員に、「前回は歴史認識問題をめぐって『日本対中韓』だったが、今回は『日韓対中国』になるだろう」との認識を示している。

岸田首相「率直に意見交換を行い、未来志向の実務協力で一致をしたい。日中韓プロセスの再活性化をつなげていきたい」

日中韓の首脳会談では、交流の促進や経済協力などを確認するほか、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、「朝鮮半島の完全な非核化」や「拉致問題の即時解決」を求めることなどを「共同宣言」に盛り込む方向で調整している。

岸田首相は、3カ国会談の前に、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と対面で10回目となる会談を行い、あらためて日韓の連携を確認する。

一方、中国の李強首相とも個別に会談する予定だが、政府関係者は、「福島第一原発の処理水の海洋放出」などの懸案に加え、「緊張を高める行動をいかに抑制させるか」が課題だとしている。

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(8枚)
フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

政治部
政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党、公明党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。