体験したアナウンサー自身が「一度は行ってみたい」と思っていた場所へ。これからの季節におすすめの、長井市の新緑が美しい絶景スポットで「ボートツーリング」を楽しんできた。

(リポート)
「長井市の長井ダムです。これからゴムボートに乗って、ボートでしか行くことができない三淵渓谷(みふちけいこく)へ行ってきます」

三淵渓谷を通り抜けできるゴムボートツーリングは、市内のNPO法人「最上川リバーツーリズムネットワーク」が2013年から行っている。
県の内外から人が訪れる人気のパワースポットを目指して、まずは長井ダムの上流部を進んでいく。

(リポート)
「きょう(24日)は天気が心配でしたが、青空も見えて良かったです。日差しに照らされて新緑がとても鮮やかです。きょうは少し風がありますが、その風も気持ちがいいですね」

24日午前中は天候にも恵まれ、絶好のツーリング日和。新緑の間には、ピンクが可愛らしいサワウツギが咲き、華を添えていた。
そして出発から約20分、いよいよお目当ての三淵渓谷へ。
長井市の水神様をまつる神聖な場所ということで、参拝をして渓谷の中に入っていく。

(リポート)
「一気に空気が変わりましたね。静かになりました。一段とヒンヤリとして、神秘的な空間です」

高さ30メートルの断崖絶壁が約250メートル続く渓谷。
幅は5~10メートルと、ボートでしか入ることができない特別な空間だ。

(リポート)
「岸壁がゴツゴツとしていて高くて迫力があります。岸壁と岸壁の間から見える新緑・グリーンがとてもきれいで、ゴツゴツした岸壁と緑のコントラストもとても素敵です」

深緑の湖面、木々の隙間から差し込む日の光も美しく、まるで別世界のような幻想的な景色が広がっていた。

(群馬から)
「渓谷に入ったときに神聖な感じがして、すごく感動した。ちょっと言葉で言えない感じがする」
「驚いた。すごい所だなと。目に優しく本当に気持ちがいい。すがすがしい」

約1時間の癒しの旅。
コロナの影響で去年までは貸し切りにだけ対応していたが、今年から個人でも利用できるようになり、去年の同じ時期に比べると2倍の人が訪れているという。

(最上川リバーツーリズムネットワーク・石山大介さん)
「天候にも今のところたくさん恵まれていて、お客さまに満足いただいていると思う。渓谷に入った瞬間に皆さんがハッとする。言葉を失うようなところが案内していて楽しみにしているところ。そういったところを感じてもらいたい」

ボートツーリングは11月中旬まで、金・土・日・祝日に1日8便運行する。

渓谷の中に入ると空気が一変して、幻想的な景色に圧倒された。
静かな空間で五感が研ぎ澄まされるような、木々の揺れる音・鳥のさえずりなど、いろいろな音が聞こえてきて、目だけでなく耳でも癒される素敵な場所だった。

さくらんぼテレビ
さくらんぼテレビ

山形の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。