国会では政治資金規正法の改正案の2日目の質疑が行われ、「政策活動費」の公開などをめぐり、論戦となった。

フジテレビ政治部・阿部桃子記者が最新情報をお伝えする。

立憲民主党などは政策活動費について、自民案では使い道の透明性が確保できないと追及を強めていて、自民党が何らかの妥協をするのかが焦点となっている。

立憲民主党・吉田晴美議員「(自民党案は)政策活動費は項目と金額のみで領収書はつかない。本当にその目的に使われたのか、国民が判断する材料がない」

自民党・鈴木馨祐議員「(党の)財務委員会の中で聞き取りチェックをし、ガバナンスをしっかりしている」

自民党案では、使い道について、大まかな項目のみ報告するとしていて、野党の求める領収書の公開については、党の戦略を公にできないと拒否している。

ただ、厳しい世論をふまえ、自民党幹部は「野党案も取り入れられる部分は取り入れたい」と話していて、より細かく支出を公開すべきだとする公明党の意見や、10年後に公開するとの維新案などをふまえ、妥協案を模索しているのが現状。

――政策活動費以外にも対立点が多いが、落としどころについて新たな情報は?

実は自民党内で、「3年後の見直し規定」を追加する案が浮上していることがわかった。

この改正で不十分な部分について、将来さらなる見直しを行う含みを持たせるというもの。

自民党は、来週中の採決を目指し各党との修正協議に臨むが、こうした妥協案で同意を得られるか、ぎりぎりの調整が続く見通し。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

政治部
政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党、公明党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。