名古屋市の天白区と昭和区で、22日から23日にかけて相次いでサルが目撃されていて、警察などが注意を呼び掛けています。

 天白区元植田の住宅街で23日午前7時半ごろ、歩道を歩く1匹のサルが確認されました。

目撃した人:
「子ザルよりちょっと大きくなったかなという程度だと。特別、威嚇する様子もなく、交差点を天白川の方に普通に冷静に歩いていきました。バス停で気が付いた人たちは『えっ』という顔をしとったけど」

 警察と名古屋市によりますと、サルは22日午後5時ごろに天白区の平針駅近くで目撃されて以降、これまでに10件以上の通報が相次いでいて、23日昼頃には昭和区でも複数の場所で目撃されています。

 サルは、最初に目撃された天白区から隣接する昭和区へ直線距離で6キロほど移動しているとみられ、午後2時過ぎには地下鉄・八事日赤駅の近くの公園で目撃されました。

 サルに襲われた人はいないということですが、警察などが注意を呼び掛けています。

※画像は視聴者撮影

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。