補助金がなくなる影響で、東京電力の6月使用分の電気料金は400円ほど値上がりする見通し。

東京電力によると、6月使用分の電気料金は、使用量が標準的な家庭で前の月から392円値上がりし、8930円となる見通し。

政府が負担軽減策として支給していた補助金がなくなるためだが、石炭やLNG(液化天然ガス)などの燃料の輸入価格が下落しているため、補助金の終了にともなう値上がり幅は縮小されたとしている。

今後の電気料金について、経済産業省は「当面、過去最高を上回ることは見込んでいない」としている。

6月の使用分から電気代がどのくらい上がるのか。
まずは、ここ3年の推移を見ていく。

2021年からウクライナ情勢などもあって一気に上がり、2023年の1月、補助金制度が始まって下がった。

6月から補助金制度が終わってしまうということで、5月と比べて約392円ほど電気代が上がってしまう見通しになっている。

また、同時にガス代の補助金も終了する。

東京では、2023年の同じ月と比べて、600円ほどは前の年に比べて、ひと月での光熱費が上がってしまうと見通しが出ている。

2024年の夏は、2023年を上回る記録的な猛暑になるともいわれている。

値上がりで節約したり、省エネしたりする人もいると思うが、エアコンなどは我慢せずに適切に使用してほしい。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

経済部
経済部

「経済部」は、「日本や世界の経済」を、多角的にウォッチする部。「生活者の目線」を忘れずに、政府の経済政策や企業の活動、株価や為替の動きなどを継続的に定点観測し、時に深堀りすることで、日本社会の「今」を「経済の視点」から浮き彫りにしていく役割を担っている。
世界的な課題となっている温室効果ガス削減をはじめ、AIや自動運転などをめぐる最先端テクノロジーの取材も続け、技術革新のうねりをカバー。
生産・販売・消費の現場で、タイムリーな話題を掘り下げて取材し、映像化に知恵を絞り、わかりやすく伝えていくのが経済部の目標。

財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食など幅広い経済分野を取材している。