子供たちに食への関心を深めてもらおうと、宮城県石巻市の小学校では、田植えを体験する特別授業が行われました。

田植えをしたのは、石巻市立大谷地小学校の全校児童、およそ100人です。小学校では、子供たちに食や農業への理解を深めてもらおうと、毎年この時期に田植えを体験する特別授業を続けています。

子供たちが植えたのは「ひとめぼれ」の苗で、「大谷地米」と名付けられ、学校近くの「道の駅」で販売されるなど地域住民に親しまれています。子供たちは裸足になって田んぼに入り、慣れない作業に悪戦苦闘しながらも、一本一本、丁寧に苗を植えていきました。

児童
「泥がめっちゃきて、はまったりして、たのしかった」
「農家の人は苦労することがわかったし、農業を知るいい機会になったかなと思いました」
「おいしくなってほしい」

小学校では9月ごろ、稲刈りを行う予定です。

仙台放送
仙台放送

宮城の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。