仙台市消防局は大雨による河川の氾濫など、大規模な水害に備える訓練を行いました。

仙台市宮城野区の七北田川の河川敷で行われた、5月23日の訓練には、仙台市消防局の職員や消防団員など、およそ200人が参加しました。訓練は仙台市の全域に大雨洪水警報が発表され、七北田川で「氾濫危険水位」を超える恐れがあるという想定で行われました。

記者リポート
「今回の訓練では通常の車では走れない不整地を走行できる特殊車両が初めて参加し、情報収集の訓練を行います」

こちらの「小型救助車」は障害物を乗り越えたり、急な斜面を走行したりする性能に優れているということです。また、小型無人機のドローンも使い、陸と空から遭難者を探します。また、ヘリコプターで、大雨で増水した川から救助した人を病院へ搬送する訓練も行われました。

仙台市消防局では今後も2年に1回、大規模な水防訓練を実施することにしています。

仙台放送
仙台放送

宮城の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。