中国軍は23日朝から、台湾周辺で軍事演習を開始したと発表した。

台湾の頼清徳総統が就任したことを受け、圧力をかける狙いがあるとみられる。

中国軍は、日本時間午前8時45分から、台湾本島を取り囲む北部、東部、南部の海域や、中国大陸に近い台湾離島の金門島と馬祖島などで、陸海空軍の合同軍事演習を開始した。

この地域を管轄する東部戦区の報道官は、戦場におけるコントロール権を奪い、軍事上の重要な要衝を正確に攻撃するための訓練を24日まで行うと発表し、「台湾独立勢力に対する懲罰と、外部勢力の干渉と挑発への重大な警告」と強調している。

中国政府は、頼清徳総統の就任演説を受け、「台湾独立を表明し、極めて横暴」と非難する談話を発表していて、今回の軍事演習をはじめ、今後も台湾への圧力を強めるものとみられる。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

国際取材部
国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。