熊本・芦北町の高速道路で18日、白い軽ワゴン車が逆走し、対向車と衝突寸前になる危険な場面が撮影された。
車はその後、約14km先のインターチェンジで降りたという。
警察は高速道路での危険性について、注意を呼びかけている。

あわや正面衝突の逆走

熊本・芦北町の南九州道で18日、逆走する白い軽ワゴン車が撮影された。

(視聴者撮影)
(視聴者撮影)
この記事の画像(12枚)

対向車が向かってくると、ポールを踏み超えながら車線を変更。
あわや正面衝突にもなりかねない危険な瞬間だった。

(視聴者撮影)
(視聴者撮影)

対向車線を走る2台の車は、思わず急ブレーキをかけ、撮影者の車もスピードを緩め、衝突を回避しているように見える。
走行車線に戻った軽ワゴン車はスピードを上げ、そのまま走り去っていった。

警察が注意喚起「高速道路には思わぬ危険」

いったいなぜ、この軽ワゴン車は高速道路で逆走していたのだろうか。

(視聴者撮影)
(視聴者撮影)

目撃した男性によると、当初、軽ワゴン車は目の前で蛇行運転を繰り返していて、その後、対向車線に入り、逆走を始めたという。

対向車とあわや正面衝突になるまでこの逆走は続き、約14km先のインターチェンジで降りていったという。

警察は、「高速道路には思わぬ危険が潜んでいるので、注意して走行してほしい」とコメントしている。
(「イット!」 5月21日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(12枚)