ウクライナへの侵攻を続けるロシアで戦術核の使用を想定した訓練が始まった。

ロシア国防省は21日、ウクライナ侵攻の拠点としている南部軍管区で、戦術核の準備と使用を想定した訓練を開始したことを明らかにした。

核弾頭を搭載できる弾道ミサイル「イスカンデル」に「特殊弾薬」を装塡(そうてん)し、陣地内を秘密裏に移動する訓練をおこなうほか、空軍が極超音速ミサイル「キンジャール」などに「特殊弾頭」を装塡して出撃する訓練を実施するという。

演習の狙いは「ロシアに対する西側諸国の挑発的な発言と脅迫に対抗し、ロシアの領土と主権を確保するため」としている。

侵攻が長期化するなかプーチン政権は核戦力を誇示し、欧米をけん制する狙いがあるとみられる。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

国際取材部
国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。