バルコニーから飛び立ったドローンがとらえたのは、東京タワー。

333メートルあるてっぺん付近から、回転しながらすれすれを一気に急降下。

映画のワンシーンのような迫力だが、それもそのはず、映像を投稿したのは、アメリカを拠点に映画を製作している男性だった。

しかし、今この映像が物議を醸している。

SNSでは、「事故が起きそう」、「皇居や国家機関も危ない!」などの声が上がった。

人口の集中する場所や、上空150メートル以上でドローンを飛ばすことは原則禁止。

今回、動画が撮影された東京タワーのある東京・港区を含めた都心部や、333メートルある東京タワーの上空も飛行禁止のはず。

許可が出れば飛ばせるということだが、国交省は「許可した記録はなく、警察に状況を相談している」と答えた。

弁護士は、航空法違反に問われるという。

みずほ中央法律事務所・三平聡史弁護士「航空法違反で罰金最大で50万円、場合によっては逮捕もある、例えば通報して、警察官が来て、全然やめなかったり、悪質な場合(は逮捕の可能性)」

一方、今回ドローンを飛ばしたのは、外国人。

ルールを知らなかった可能性もあるとして、より周知する必要があるとも指摘。

「イット!」では、男性に経緯を確認するためメールを送信したが、21日現在まで返信はなかった。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

社会部
社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。