日本バドミントン協会はパリオリンピックの日本代表を発表し、トナミ運輸所属の富山県勢3選手が正式に代表に内定しました。

日本バドミントン協会は21日都内で記者会見を開き、パリオリンピックの日本代表選手を発表しました。
代表に内定した5種目12選手のうち、3選手がトナミ運輸所属の県勢選手です。

*パリ五輪女子シングルス代表内定 大堀彩選手
「トナミ運輸所属の大堀彩です。今回の五輪は私自身初出場だが、悔いの残らないようにみなさんに勇気や感動を少しでも与えられるようなプレーをしたい」

会見では、こんな話題も…。

Q.歌が好きだと伺っていますが、勝負曲は?
*大堀彩選手
「(シンガーソングライターの)ナオト・インティライミさんをいつも聞いています」

笑顔をみせた大堀選手に続いて、ホキコバペアが挨拶。

*パリ五輪男子ダブルス代表内定 保木卓朗選手
「まだ男子ダブルスではメダル獲得がないので、史上初をもう1個増やせるように頑張りたい」

*パリ五輪男子ダブルス代表内定 小林優吾選手
「この結果があるのは東京五輪レースの悔しい思いがあるからなので、変わった自分たちをみせたい」

県勢3選手が代表に内定したバドミントン競技。
県勢選手のメダル獲得なるか、期待が高まります。

代表に内定した3選手は、22日富山県内でも内定会見を行う予定です。

富山テレビ
富山テレビ

富山の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。