21日午前11時前、車に乗っていた2歳くらいの女の子が、窓ガラスに首を挟まれ死亡した。

現場は、東京・練馬区の路上。
警視庁によると、この道を車で走っていた30代の母親が、子どもの異変に気づき、「子どもが車の窓に挟まり抜けない」と119番通報したという。

通報を受け、救急隊が駆けつけた際、女の子はすでに意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認された。

車内で何が起きていたのか。
その後の取材で、発生時の状況が明らかになってきた。

当時、車内には母親と女の子の2人しかおらず、女の子は後部座席の右側で首を挟まれたとみられている。
ただ、チャイルドシートを使っていたかどうかはわかっていない。

現場近くにいた人「パトカーが2〜3台。消防車2台。救急車2台。遠くから見ていてもドキドキ、ハラハラで怖かった」

同様の事故は、2023年12月に香川県でも起きた。
この時は、2歳の男の子がパワーウィンドーに首を挟まれ、意識不明の重体となった。

パワーウィンドーの危険性を表した実験映像を見てみると、窓ガラスの上に太い大根を乗せてパワーウィンドーを閉めると真っ二つになってしまう様子が確認できる。

専門家は、パワーウィンドーの間に何かが挟まった場合は、安全装置が働くとしつつ、次のように指摘する。

交通事故鑑定人・中島博史さん「服の裾が窓ガラスの縁とかに触っていて、巻き込み防止機能が働くというようなことが働いてしまうと、開かない可能性というのは、あるにはあります」

窓ガラスが収納される場所に服の襟や袖が巻き込まれた場合、窓ガラスが開かなくなる可能性があるという。

ただ、21日に死亡した女の子が乗っていた車の窓が、パワーウィンドーだったかは明らかになっていない。

専門家は、同様の事故を防ぐには、チャイルドシートの使用が重要としている。

幼い子どもを持つ家族は、「怖いですよね。後ろ確認して閉めないと怖いなと。(運転中は)後部座席にチャイルドシートで泣き叫んでも、後ろ振り向かないで前向いて、安全運転で走るしかないと思う」

警視庁は、母親から話を聞くなどして、くわしい経緯を調べる方針。