ANAの客室乗務員が富山赤十字病院を訪れ、「再び幸せが訪れる」という花言葉を持つすずらんの花を贈りました。

この活動は、ANAグループが日本赤十字社の協力を得て昭和31年から続けている社会貢献の一環で、今年で69回を数えます。

21日は、県内出身の客室乗務員、竹村和香奈さんが富山赤十字病院を訪れ、「すずらんの香りで、少しでも幸せな気持ちになってもらえたら」と挨拶し、すずらんに社員からのメッセージが記されたしおりを添え手渡しました。

受け取った平岩善雄病院長は、「長年に渡り、毎年すずらんを寄贈いただいてありがとうございます」と感謝の言葉を述べていました。

贈られたすずらんとしおりは、入院中の患者に配られるということです。

富山テレビ
富山テレビ

富山の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。