鹿児島県日置市を拠点に活動するバレーボールチームフラーゴラッド鹿児島のファン感謝祭が開かれ、約130人のファンが、選手が考えたイベントで交流を楽しみました。

フラーゴラッド鹿児島・山本悠平選手
「フラゴラファン感謝祭、せーの、スタート!」

18日、ホームタウンの日置市で行われたフラーゴラッド鹿児島のファン感謝祭。

会場には約130人のファンが集まりました。

2021年に誕生したフラーゴラッド鹿児島は、県内初のVリーグチームとして、今シーズンV3に初参戦。

3月のホーム最終戦には1000人以上が詰めかけるなど、徐々にファンを増やしていき、初優勝の快挙を成し遂げました。

チームにとって初めてのファン感謝祭は選手が主体となって企画を考えました。

4つのグループに分かれてのトークショーでは、今シーズン印象に残った試合やマイブームについて話し、目の前で聞くファンも興味津々です。


フラーゴラッド鹿児島・榎園大地選手
「お酒を飲むことにハマっています。グラスに9割くらいの焼酎で水をちょっと入れる長友割りというものがある。機会があったら企画します」


ボールを使った交流も行われました。

憧れの選手が打つボールを実際にレシーブ!

子どもは風船でバレー体験です。

参加したファン
「とてもいい機会になった。フラーゴラッドでバレーボール選手になりたいです」

「選手の皆さんとバレーボールのパスができるのはなかなかできることじゃないので楽しかった」

県外から駆けつけたファンの姿も!

埼玉から参加したファン
「埼玉です。見ていて元気をもらえる。ありがたいです。こういう企画をしてくれて」

フラーゴラッド鹿児島・坂元健人キャプテン
「フラーゴラッド鹿児島は愛されているなと改めて思った。夏の間にいい準備をして、ファンの方々に勝つ姿を見せられる様に頑張っていきたい」


フラーゴラッド鹿児島・長友優磨選手
「また来シーズンも会場に足を運んでいただいて応援してもらいたいですし、もっともっと多くの人にフラーゴラッド鹿児島というチームを知ってもらいたいです」


2024年秋からは新しいVリーグがスタートし、フラーゴラッド鹿児島は10チームで争われる西地区に参戦します。

鹿児島テレビ
鹿児島テレビ

鹿児島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。