歴史的情緒あふれる街並みが人気の観光地・京都。
今、外国人客向けの観光バスによる路上駐車が問題になっている。

週末の京都市内は、初夏のポカポカ陽気となり、多くの観光客でにぎわった。
清水寺へと続く参道には、すれ違うのが難しいほど、人が殺到。
清水寺の駐車場は、観光バスで満車状態だった。

「イット!」取材班が現地を取材すると、市内のあちこちで観光バスを目にした。

ホテルなどが立ち並ぶ大通りでは、何台もの大型観光バスが道路に止まっていた。
京都市中心部では、観光バスの路上駐車が原因となり、たびたび大渋滞が発生。

なぜ駐車場へ行かないのか、バスのドライバーを直撃すると、「(Q. 今何分ぐらい止めていますか?)10~15分くらい。(Q. 駐車禁止って書いてあるが?)書いてます? 知ってます。あそこに客が食事に行ってるんですけど。(Q. 知っていてなぜ止める?)そんなに長くかからない。悪いとは思っています。バスの運転手のこともわかってほしい」と話した。

さらに、路上駐車しようとするバスに警察が注意する場面も見られた。

20分ほど止めていたバスの運転手は、かたくなに「路駐ではない」と否定した。

バス運転手A「(Q. ここは駐車禁止だが?)駐車じゃない。お客さん乗せる(Q. 何分くらいここにいる?)いま来たところ。(Q. 20分前から見ているが?)...」

バス運転手B「(Q. ここ駐車禁止です)いやいや駐車じゃないじゃん(Q. 止めてるじゃないですか)もう行きます」

交通事情にくわしい専門家は、たとえ運転手が乗っていても、違反になる可能性を指摘。

高山俊吉弁護士「5分以内なら駐車違反を問わないのが一般的な取り扱い。結論から申し上げれば、駐車禁止違反」

FNNの取材に対し、路上駐車していたバス会社は「事実は把握していなかったが、もし路上駐車になっていたなら申し訳ない」としている。

関西テレビ
関西テレビ

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。