長崎県南島原市で確認された地すべりについて、17日までに調査を行った専門家は「3年前に発生した災害と今回の地すべりに関係はない」との見方を示しました。

南島原市では、14日、幅およそ100メートル、長さおよそ200メートルにわたり地すべりが起きました。

市は地すべりを受けて、2世帯5人に対して「高齢者等避難」を出しています。

この場所では、3年前の2021年8月にも大雨で地すべりが起きていて、市が地質分野の専門家とともに現地で調査を行っていました。

その結果、専門家は「3年前に発生した災害と今回発生した地すべりは関係ない」との見方を示しました。

調査の結果や結論などが出るまでには、もうしばらく時間がかかるとしています。

テレビ長崎
テレビ長崎

長崎の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。