国際合意をまたもや反故にしようとする韓国

韓国が再びゴール・ポストを動かそうとしている。

慰安婦問題を巡る日韓合意に対する韓国政府の検証結果の公表はもちろん一方的で論外である。
これに続く、文在寅大統領の「交渉には重大な欠陥があったことが確認された。」「この合意で問題は解決できない。」という声明は、国内事情を理由に国際合意をまたもや反故にしようとする“卑しい精神”の発露以外の何物でも無い。

11月初旬の拙著“半島の約束を守らない人々とどう付き合うか”で説明したが、韓国政府は、お得意の“ゴール・ポストを動かす”作戦をまたもや採用し、これまでの合意を無しにしようとしている。

日本の外務省の関係者は「条約さえ守らない国があの合意をずっと守るとは最初から期待していなかった。しかし、アジア情勢全体を俯瞰すれば、対中国で日米韓の連携を強化するのに日本の譲歩は必要だった。」(旨)と、今回の韓国側の一方的発表の前のことだが、大変、冷静であった。

だが、今回、合意の変更は「断じて受け入れられない。」と毅然としている。

当然である。

2年前、日韓関係の喉に刺さった棘をなんとか抜こうとアメリカ国務省の東アジア担当者達は水面下で奔走し仲介にあたった。彼等も煮え湯を飲まされたような気分に違いない。
韓国の我儘に与して、日本に譲歩を求めて圧力を掛けるようなことは、この件では彼らももう出来ない。

救いがあるとすれば、韓国メディアの中に、国際的な信用を落とすことの無いよう求める論調があることだろうか。だが、彼らもそんなに当てにならない。

この記事の画像(3枚)

処理する責任は韓国政府と国民にある

では、この身勝手極まりない政権とどう向き合うか。

「断交してしまえ」という声には、感情的に惹かれない訳ではないが、得策とは思わない。そんなことをすれば彼らと同じレベルに堕ちてしまう。

それに、韓国は我が国にとって貴重な緩衝地帯である。彼らの代わりに北朝鮮軍と直接対峙するのを望む人間は居ないはずである。その貴重な緩衝国家を敵方に追いやるのはまずい。

だが、これだけは明確にしたい。

慰安婦問題は日韓の間ではとうに決着している。これはもはや彼らの内政問題なのであると。

韓国政府の中にも彼の国の裁判所が歴史問題に介入し、非現実的な判断を下すことに苦りきっている人は少なくないらしい。だが、これこそ、まさに彼らの国内問題である。これを処理する責任は韓国政府と国民にある。

そうである以上、彼らの身勝手を我々が相手にする必要はもはや無い。突っぱねるだけである。

ただし、同時に、的確なカウンターパンチを繰り出すこともこれまで以上に重要になる。

特に第三国で彼らが反日行動に出てくる時である。その時はもっと効果的に反論しよう。
わずか2年で最終的で不可逆的な合意を反故にしようとする彼らの言動を淡々と説明しながら、韓国がゴール・ポストを平気で動かす国であることを、これを期に、しっかり伝えよう。

これ以上甘い顔をすることもできない

もうサンドバッグの時代は終わりにすべきである。

ただし…もう一つ、“ただし”を付けさせてもらいたい。

その際、元慰安婦のお婆さん達を貶めている印象を、第三国の人達に持たれないようにしよう。経緯はどうあれ、彼女達が意に反して慰安婦にさせられたことは間違いないのだから。彼女達が辛酸を舐めさせられたことは否定できないのだから。

その上で、彼女達を政治的に利用し日韓の真の和解を妨げている悪い奴らを論破しようではないか。

望んでも引っ越すことはできない。だが、この問題で、これ以上、甘い顔をすることも出来ないのである。