アメリカ政府が核爆発を伴わない臨界前核実験を行ったと明らかにしたことを受け広島からは抗議の声や核なき世界を求める声が上がっています。
アメリカのエネルギー省傘下のNNSA=核安全保障局は今月14日、西部ネバダ州の核実験場の地下施設で核爆発を伴わない臨界前核実験を行い成功したと発表しました。
NNSAは「核弾頭の安全性や信頼性、有効性を確認する情報を収集するために実験を行った」としています。
アメリカはCTBT=包括的核実験禁止条約を批准していませんが、NNSAは声明で「今回の実験も含めCTBTに抵触するものではない」としています。
発表を受け、広島の被爆者7団体は1年前のG7広島サミットで「核兵器のない世界へ」と署名したバイデン大統領宛てに、核依存政策から脱却するためにも核実験の断念を求める抗議文を送りました。
また平和公園を訪れた市民からは「何のためにサミットを広島でやったのかというのを深く感じる。祖母が入市被爆をしていて、核がない世界を待ち望んでいたので、そのような世界になることを祈っている。」「平和が一番いいと思うので、平和になるためにできることを続けてほしい。」など落胆の声がきかれました。
アメリカで臨界前核実験が行われるのは今回で34回目、バイデン政権下では3回目です。

テレビ新広島
テレビ新広島

広島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。