長野県内で新たに3人の新型コロナウイルスの感染者が確認されたことがわかりました。

感染が確認されたのは、上田市の60代男性(公務員)、松本市の40代男性(自営業)、松本市の20代女性(学生)です。いずれも、3日に検査の結果「陽性」が判明し、感染症指定医療機関に入院しましたが、軽症だということです。

県によりますと、上田市の公務員は、7月下旬に県外感染者とすでに感染が確認されている上田市の50代女性を含む10人と県内で会食していたことから検査を受けたということです。症状が出たのは25日で、それ以降も勤務していたということですが、職場内での濃厚接触者は、現時点で1人確認されているということです。そのほか、同居家族3人も濃厚接触者としています。

なお、上田市の50代女性の夫と中学生の息子の感染も確認されています。

また、松本市の40代男性(自営業)は、不特定多数と接する仕事ではないということです。濃厚接触者は、同居家族3人です。

松本市の20代女性(学生)は、症状前後は登校はしていないということです。濃厚接触者は同居家族2人です。

県は、それぞれの濃厚接触者について、検査を実施する予定としています。

県内での感染者はで累計で122人になります。そのうち7月以降に45人が確認されています。県は一部地域について、感染拡大状況を示す県独自の感染警戒レベルを引き上げ「レベル3(域内まん延期)」にする方針です。