石川県警の男性警部補が酒に酔った状態で車を運転し、交通事故を起こしたにも関わらずその場から立ち去ったとして懲戒免職処分となりました。

17日付で懲戒免職処分となったのは石川県警の警察署に勤務する50代の男性警部補です。

警察によりますと男性警部補は今年3月1日未明、酒に酔った状態で白山市内を車で運転し突き当たりで道路標識にぶつかったあと、水田に突っ込んだと言うことです。通りかかった人が事故を目撃していましたが男性警部補は現場に車を放置し逃走しました。

県警によりますと、男性警部補は事故の前日が非番で、自宅で焼酎などをコップで数杯飲んでいました。男性警部補は「寝付けなかったので酒を飲んだ。それでも眠れなかったので気分転換のために出かけた。」と供述したと言うことです。

この男性警部補は17日、道路交通法違反の疑いで書類送検されましたが県警は警部補の名前を明らかにしていません。

県警の田畑真志(たばた・しんじ)首席監察官は「警察への信頼を著しく損ねる行為であり、県民の皆さまに深くお詫び申し上げます。再発防止と信頼回復に努めてまいります。」とコメントしています。

石川テレビ
石川テレビ

石川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。