東京・原宿に4月、オープンした新たなランドマーク「ハラカド」。お昼時の飲食フロアは、若者や外国人観光客などでにぎわっている。

中でも多くの人が訪れていたのが、カフェ食堂の「ABCキャンティーン」。

看板商品は、自家製の竜田揚げ。
その一番の売りは、「米粉」を使った衣にあった。

米を砕いてパウダー状にした米粉は、最近、パンやスイーツ麺などにも使われるようになっている。その米粉を100%使用した竜田揚げ。見た目は小麦粉を使ったものと変わりないように見えるが、サクサク・カリカリ感に加え、米粉のモチモチ感も感じられる。

もともと、この店ではほかの店との差別化のため、クレープにも米粉を半分混ぜて使用していた。しかし、今回竜田揚げに米粉を使ったのは、「やむにやまれぬ事情」からだったという。

ABCキャンティーン・後藤洋マネージャー「相場感としては、小麦粉の価格の6~7割で米粉は買える」

小麦の国際相場は、最大の輸出国・ロシアで5月に霜の被害が広がり、上昇傾向が見られる。

また、国内の家庭用小麦粉も、原材料費の高騰などを受けて値上げの動きが相次いでいる。

こうした状況を受け、飲食業界では今、コスト面で優位に立つ米粉がクローズアップされている。

小麦粉高騰の影響で、多くの関心を集める米粉。こうした流れに、米の生産農家は大きな期待を寄せている。

米粉用のコメを生産している片山隆士さん「円安や外国産の物が値上がりしている中、国産の物に注目してもらえるのはありがたい」

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

経済部
経済部

「経済部」は、「日本や世界の経済」を、多角的にウォッチする部。「生活者の目線」を忘れずに、政府の経済政策や企業の活動、株価や為替の動きなどを継続的に定点観測し、時に深堀りすることで、日本社会の「今」を「経済の視点」から浮き彫りにしていく役割を担っている。
世界的な課題となっている温室効果ガス削減をはじめ、AIや自動運転などをめぐる最先端テクノロジーの取材も続け、技術革新のうねりをカバー。
生産・販売・消費の現場で、タイムリーな話題を掘り下げて取材し、映像化に知恵を絞り、わかりやすく伝えていくのが経済部の目標。

財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食など幅広い経済分野を取材している。