大阪・松原市の中古車販売店で2023年11月、従業員だった34歳の男が、車の購入代金として受け取った現金20万円を着服した業務上横領の疑いで、14日に書類送検された。店の防犯カメラが現金着服の一部始終を捉えていた。

デスクに置かれた資料の下に現金を…

大阪・松原市にある中古車販売店に設置された、防犯カメラの2023年11月の映像。

この記事の画像(19枚)

映像には、テーブルをはさみ商談する客と従業員が映っている。

客から現金を受け取った従業員は、デスクに置かれた資料の下に、現金をさりげなく隠した。

しゃがみ込みながら、先ほど隠した現金を封筒に入れた…着服の瞬間
しゃがみ込みながら、先ほど隠した現金を封筒に入れた…着服の瞬間

そして、しゃがみ込みながら、先ほど隠した現金を封筒に入れた。

業務上横領の疑いで34歳の男を書類送検

当時、従業員だった34歳の男は、車の購入代金として受け取った現金20万円を着服した業務上横領の疑いで、14日に書類送検された。

中古車販売店「BODY SHOP TAKAI」の高井昭孝社長は、2023年のGWごろから、男に怪しげな点が見られたと話す。

「羽振りがよくなっていったからおかしいなと。生活がすごく派手に見えて旅行もよく行くし。何でやろうっていうのがあったんですよね」

防犯カメラには、奥のデスクが映らないように角度を変更する、男の不審な行動も記録されていた。

社長の筆跡まねた書類も多数見つかる

また車の代金を受け取った書類にも、男が着服した形跡が残されていた。

書類に手書きで書かれた「スミ」という文字は、社長が“代金受け取り済み”の印として書いていたもの。しかし、別の書類の文字は、社長が書いたものではなく、男が書いたものとみられている。

社長が書いた覚えのない筆跡の違う書類は、事務所内から約40枚見つかっていて、その代金も男が着服した可能性があるという。

「900(万円)という赤字が出ていますよね。許せないですよね」

社長によると、被害額は合わせて900万円ほど。警察の調べに男は、「お客さんから自動車販売代金として、預かった金を着服したことに、間違いありません」と容疑を認めている。
(「イット!」 5月16日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(19枚)