大相撲夏場所は5日目です。

津幡町出身の新小結・大の里は大関・霧島(きりしま)をくだして3連勝です。

新小結の大の里は15日関脇・若元春(わかもとはる)を破りここまで3勝1敗としています。

16日の相手、大関・霧島(きりしま)とは初めての顔合わせです。

立ち合いで前まわしを取られた大の里ですが身体を寄せて、きわどい土俵際。

軍配は大の里でしたが物言いがつきました。

審議の結果・・・

審判:
「大の里の体が残っていました軍配通り大の里の勝ちといたします」

これで3連勝、4勝1敗としました。

大の里:
「結果どうこうというより、前に攻められました。相手に先手を取られて前まわしも取られて内容としては良くはないですが勝ちに結びついて良かったです。一日一番集中してきょうで前半戦終わったので明日から中盤戦頑張ります」

大の里、17日は二場所連続で敗れている大関・琴櫻(ことざくら)との対戦です。

続いて郷土力士の結果です。

十両、穴水町出身の遠藤(えんどう)は好調を維持しています。

妙義龍(みょうぎりゅう)に押し出しで勝って初日からの連勝を5に伸ばしました。

七尾市出身の輝(かがやき)は東白龍(とうはくりゅう)に送り出しで敗れ、連敗です。

津幡町出身の欧勝海(おうしょううみ)は對馬洋(つしまなだ)に上手投げで敗れ4敗目を喫しました。

石川テレビ
石川テレビ

石川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。