物価高の中、消費が振るわない実態が浮き彫りになった。

2024年1月から3月までのGDP(国内総生産)は、2期ぶりのマイナス成長で、個人消費は4期連続でのマイナスとなった。

1月から3月のGDP速報値は、物価変動の影響を除いた実質で、-0.5%だった。

1年間続いた場合の年率に換算すると、-2.0%で、2期ぶりのマイナス成長。

一部自動車メーカーの認証不正問題での出荷停止が響く中、個人消費が-0.7%となった。

消費が4期連続でマイナスになるのは、リーマン・ショックでの落ち込み以来15年ぶりで、食料品や衣服などが振るわない状態が続いている。

政府は、6月からの定額減税などで消費を下支えするとしているが、国内景気は正念場を迎えている。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

経済部
経済部

「経済部」は、「日本や世界の経済」を、多角的にウォッチする部。「生活者の目線」を忘れずに、政府の経済政策や企業の活動、株価や為替の動きなどを継続的に定点観測し、時に深堀りすることで、日本社会の「今」を「経済の視点」から浮き彫りにしていく役割を担っている。
世界的な課題となっている温室効果ガス削減をはじめ、AIや自動運転などをめぐる最先端テクノロジーの取材も続け、技術革新のうねりをカバー。
生産・販売・消費の現場で、タイムリーな話題を掘り下げて取材し、映像化に知恵を絞り、わかりやすく伝えていくのが経済部の目標。

財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食など幅広い経済分野を取材している。