「きのこの山」と「たけのこの里」、アナタはどっちが お好きだろうか?
約38年も続くという国民的な論争が、ついに決着をつけるべく動き出した!

もちろんご存じだろうが「きのこの山」と「たけのこの里」はどちらも株式会社 明治を代表する人気のチョコレート菓子。
そのどちらが好きか?という長年続く論争に終止符を打つため「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」がスタートした。
2月26日から7月31日まで投票を受け付ける。

きのこの山・たけのこの里 国民総選挙とは

この記事の画像(4枚)

「きのこの山」は、チョコレートの「アポロ」にクラッカーをつけるというアイディアから1975年に誕生。
そのあとを追って1979年に登場した「たけのこの里」は、チョコレートとクッキーの組み合わせ。
「きのこの山」と「たけのこの里」はどちらも大ヒット商品となり、チョコスナックという新ジャンルを切り開いたとされている。

しかし、発売以来「きのこの山」vs「たけのこの里」の争いが勃発。
実は2001年には初めて「総選挙」が行われ、政党を模した「たけのこ党」が激戦の末にからくも勝利を収めたが、論争は終わらない。
その後も様々な人気投票が実施されてきた。

●2013年には、家計簿アプリの購買データを分析した結果が発表され、「たけのこの里」が勝利。
●しかし同年、Yahoo! JAPANの検索数を比較したところ、「きのこの山」が圧勝。
●2015年には、Amazonが売上げを競うイベントを開き、「たけのこの里」が勝っている。

今回の投票は、1日1票 入力できる特設サイトと、商品バーコードを張り付けたハガキで受け付ける。
ハガキは1通20票で換算し、抽選で各党の「党員証」2000円分の「QUOカード」などが当たるという。

思わぬ「刺客」が出馬?

過去の戦績だけを見れば「たけのこの里」が有利と言えるかもしれない。
しかし今回の総選挙は「きのこ党」と「たけのこ党」に加え、これまで姿を隠し続けていた第三勢力の政党が出馬を決めている。
それは…「どっちも党」。

仲良く共存を標榜する「どっちも党」が、今まで「きのこ党」と「たけのこ党」の激論を離れて見ていた無党派層を取り込めたら、初参戦での勝利も夢ではない。
もちろん消費者がどれを選ぶのかは気になるが、なぜ今 総選挙を行うのか?
担当者に聞いてみた。

オープンな場で決着をつけます!

ホウドウキョク:
なぜこのタイミングで総選挙を行うのか?

担当者:
2001年に1回目の総選挙を行ってから、「自分は〇〇党です」など様々なお客様に拡散していただいていますが、当社では総選挙型のキャンペーンができていませんでした。
また、近頃は企業はもちろん、国政でもSNSを活用することが普通に行われるようになっています。
そこで、もともと当社も総選挙キャンペーンを行っているので、もう一度取り組もうと発起したというわけです。

ホウドウキョク:
人気投票は前回の総選挙で決着がついているのではないのか?

担当者:
前回の総選挙とは違って今回は、SNSやWebサイト上で投票数を公開します。
2001年の総選挙はクローズドだったんですが、今回はオープンなところで決着をつけるというわけです。

ホウドウキョク:
「どっちも党」というのはどこから来たのか?

担当者:
お客様からの声もあって、「きのこの山」か「たけのこの里」か、どちらかだけではない、調和を求める新しい党を今回新しく設立しました。
キャラクターのキノ・タケコも今回初めて登場しました。

当選したら映画を作る?

総選挙の特設サイト公開にあたって「きのこ党」「たけのこ党」「どっちも党」はそれぞれ、独自のマニフェストを公開。
人気1位になったらすべて実現するとしているが、「巨匠が作る映画公開」や「AIスピーカーの開発」など、本気で考えているのかよくわからないものも多い。

ホウドウキョク:
マニフェストは本気なのか?

担当者:
今のところ、すべて実現する予定でおります。

ホウドウキョク:
サイトの投票数が10億の桁まであるのだが、本気なのか?

担当者:
(笑)今回はSNSも使用し、ハガキだけでなくネット投票もあるので、今までと比較して、大きな数字が得られるのではないかと思っています。

プライムオンライン編集部
プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。

メディア
記事 4531