2019年秋に県大会を制し第一シードの北越と、去年夏の甲子園に出場した日本文理の強豪校同士の試合。

2回表、文理・先発ピッチャーの長谷川が左中間へのツーベースヒットを放ち、自らチャンスを作ります。

このチャンスに女房役の千島がライトへのタイムリーツーベースヒットを打ち、文理が先制します。

文理打線は3回にも3本のヒットを集中し、北越のエース阿部を攻略。

反撃したい北越は再三チャンスを作りますが得点をあげられず。

7対0の7回コールドで文理が北越に勝ちました。