1日に感染が確認された鳥栖市の20代男性について佐賀労働局は2日、ハローワーク鳥栖に勤務し、窓口業務を担当していたと発表しました。県は利用者に濃厚接触者はいないとしています。佐賀労働局によりますと1日に感染が確認された鳥栖市の20代男性はハローワーク鳥栖で窓口業務を担当していて、最近1週間では7月28日から31日まで終日マスクを着用して勤務していました。県は濃厚接触者として同僚3人を検査したところいずれも陰性だったということです。ハローワークの利用者についてはマスクなど感染対策がなされていたことから県は濃厚接触者にはあたらないとしていますが、利用者側からの申し出には幅広く対応するとしています。また、ハローワーク鳥栖について佐賀労働局は2日に庁舎内を消毒し、3日から通常通り開庁することにしています。