新型コロナウイルスの感染者が長崎県内で新たに23人確認され、1日単位での発表では、これまでで最も多くなっています。

感染者の数は県内ではあわせて112人にのぼりました。

県によりますと、諫早市が10歳未満2人を含む50代までの7人、大村市が4人、西海市が1人、長与町が4人、時津町が3人です。

このうち長与町と時津町の10代と非公表のあわせて6人が学生で、すでに感染が確認されている長崎北陽台高校の教員の「接触者等」となっています。

高校は8月17日まで休校としています。

このほかの感染者も、これまでに感染が判明した人の濃厚接触者や接触者などです。

県は諫早市のスナック「プレシャス」で感染者が多数確認されているとして、7月25日以降に店を訪れた人は保健所に申し出るよう呼びかけています。

また、長崎市では20代の女性と10代の男女3人の感染を確認しています。

(2日午後6時現在)