大相撲七月場所、単独トップの照ノ富士が勝ち星を上げ、優勝を逃した朝乃山でしたが、千秋楽結びの一番は、勝利で幕を閉じました。2日の対戦相手は関脇、時津風部屋の正代です。立ち合い右を差し合うもお互い上手がとれません。正代の突き落としに左右に振られる朝乃山ですが、強引に前に出つづけ、そのまま押し出して勝利しました。千秋楽結びの一番で勝利を納め、今場所を12勝3敗で終えた朝乃山でしたが、単独トップの照ノ富士も勝ち星を上げたため惜しくも優勝とはなりませんでした。