2日、福岡市の志賀島で、溺れた子供を助けようとした父親が亡くなりました。

警察によりますと2日午前9時20分ごろ、福岡市東区の志賀島の海岸で、佐賀県基山町に住む47歳の会社員の男性が溺れました。

男性は妻や親族に救助されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

男性は妻と小学生の長男、親族のあわせて7人で海に来ていて、岸から30メートルほどの所で泳いでいたところ、長男ら子供3人が高波が来て溺れ、助ける際に溺れたということです。

子供3人に、けがなどはありませんでした。