2日の秋田県内は各地で真夏日となった一方、仙北平鹿地域に大雨警報、北秋田市に土砂災害警戒情報が発表されるなど、局地的に天気が荒れた。

 秋田地方気象台によると、日中の最高気温は大館市で31.7度、秋田市で30.1度など、26地点中17地点で真夏日に。秋田市の2地点では2020年で一番高い気温を記録した。この暑さの影響で、熱中症の疑いによる救急搬送者は4人にのぼる(午後3時時点)。

 こうした中、仙北市の田沢湖では泳ぎを楽しむ大勢の人で賑わっていた。訪れた人は「まだ梅雨明けせず、子どもも思い切って遊ぶことができなかったが、遊べて良かった」と話し、子どもも「楽しい」と笑顔で答えた。

 高気圧の影響で、晴れて気温が上昇した所が多かった一方、北秋鹿角地域に大雨警報。北秋田市に土砂災害警戒情報が発表されるなど、局地的に天気が荒れた。