鳥取県内では7月31日、1日あたりの件数としてはこれまでで最も多い10代から50代までの男女合わせて4人の感染が確認され、8月1日は10代の男性1人の感染が確認された。このうち、1日に感染が確認された湯梨浜町の10代の男性会社員の行動歴が公表された。この男性は先月27日に県内12例目となる北栄町の男性と車で鳥取市まで往復。その後、29日に体調を崩し30日に医療機関を受診後、31日まで勤務。

8月1日、12例目の男性の濃厚接触者として検査をうけ、陽性が確認された。症状は軽いという。鳥取県では7月25日以降の感染者が11人にのぼっており、中でも鳥取市内での感染が目立っている。県は2日、104人のPCR検査を行っていて夜遅くに結果が判明する見通し。