新型コロナの影響で中止になった『まんが甲子園』に代わる『まんが甲子園増刊号』がインターネット上で開催されました。

ことしのまんが甲子園は高校生が高知に集まる形ではなく、『まんが甲子園増刊号』として、初めてのオンラオイン開催となりました。

事前に発表されたテーマ「新し過ぎる生活様式」に沿って寄せられた作品はあわせて372点、県内から71点、台湾からも54点の応募がありました。

例年多くのファンでにぎわう同時開催のイベントは「リモート」形式で行われ、高校生に向けてビデオメッセージが配信されました。

(ビデオメッセージ・漫画家ちばてつやさん)

「コロナで落ち込む世界中の人たちに感動と勇気と笑いと元気を送ってあげてください」

応募作品の最終審査結果は今月5日に発表されます。