人口減少と少子高齢化が進む安芸太田町に、高齢者や障害者の雇用を生み地域の拠点としても期待される温泉施設が完成しました。

この施設は、JOCA、青年海外協力協会と安芸太田町が国の「生涯活躍のまち」モデル事業として整備したものです。

温泉や食事の提供、土産物の販売などで運営を維持しますが、福祉作業所としての機能も併せ持っていて、地元の高齢者や障害者の働く場にもなっています。

古い旅館を改装した施設には食堂や談話スペース、天然温泉も備えられています。

【青年海外協力協会・JOCA×3加藤秀一代表】

「老若男女が何かいつもいてみんな何かここにいるとゆっくりできるねって。お話ししたりとか、プラスアルファのコミュニケーションが生まれるそんな施設、場所になったらいいなと思います」

この「月ヶ瀬温泉」は、第2・第4木曜日を除いて、午前11時から午後9時まで営業しています。