卓球の東京オリンピック代表・石川佳純選手が、オンラインでの卓球教室に登場。

小・中学生に、魂のこもった熱いレッスンを行った。

「最初はもう練習も大嫌いだったし、練習の中で、できなかったことができていく楽しさを感じるようになった」と赤裸々に語るのは、卓球日本代表の石川佳純選手(27)。

オンラインの卓球教室で、小中学生と交流した。

イベントでは、参加者の練習を分析。
実際に、自分でお手本も見せ、指導を行っていった。

石川選手「足に根っこが生えちゃダメよ! 足は毎回、毎回しっかり動かして!」

その様子は、まさに“石川塾”。

すると...。

司会「急に動きがよくなりましたね」

石川選手「いい感じです。ステップを大事にイメージして、打ってください」

熱のこもった指導に、子どもたちも、メキメキと上達。

そんな子どもたちから刺激を受けた石川選手は、あらためて1年後のオリンピックを目指す。

石川選手「卓球台があれば、画面を通して伝えることができるんだと感じて、新鮮ですごく元気をもらいました。わたし自身、あしたから頑張ろうと、すごく思わせてもらえました」